メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VIEWS

1月27日号 Jeffrey S. Irish 清水を守る人

音声を聞いてみよう

古くからの貴重な湧き水を管理する有村光雄さん(筆者提供)

 鹿児島県南九州市高田にある古い石切り場の湧き水は、今では「たかたの命水」として知られ、市外からも多くの人が水を求めて訪れる。同地域の農業法人事務局長、有村光雄さん(71)は、水場再生の立役者の1人で、地域おこしに日々尽力している。

    One man, one watershed   

    Nestled in low foothills about 1 kilometer upstream from the village of Takata, one finds an old rock quarry and a natural spring that burgeons forth from the base of a steep hillside. The people of Takata have long enjoyed this water that is thought to travel here underground from a moderately large mountain nearby. First hunters and gatherers, then woodsmen and farmers walked narrow mountain paths to find replenishment here. Then, beginning early in the 19th century, men working in the quarry drank this water too.

    Jeffrey S. Irish さんの「Letter From Satsuma」は毎日ウィークリーで奇数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目