メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

3月10日号 ジャスティン・マッカリー 手ぬるい日本の象牙規制

音声を聞いてみよう

Ivory products are displayed in Japan on July 26, 2017. (Courtesy of TRAFFIC)

 象牙の国際取引禁止を受け、米中などが国内市場を閉鎖する中、市場を維持する日本への批判が高まっている。筆者はその問題点を指摘する。

    Toppling Japan's ivory tower   

    It wasn't that long ago that owning an "inkan" personal seal or other items made from ivory was seen as a status symbol.

    But times are changing. Since the worldwide ban on the ivory trade went into effect in 1990, more countries have taken measures to abolish the domestic trade in ivory, which can in turn fuel the illegal export market.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
    2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
    5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて