メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

3月31日号 ケリー・ウェザーリル メディアアートの魅力

音声を聞いてみよう

Kids play in teamLab's Giant Connecting Block Town at a marine and natural history museum in Tokushima Prefecture on Jan. 6. (Mainichi)

 デジタル映像を使った作品や双方向型の作品を含む新たな芸術表現「メディアアート」。見る人同士の関係にも変化をもたらす可能性を筆者は指摘する。   

    Immersive art inspires   

    On a recent visit to Omotesando Hills, it wasn't the designer fashions or the distinctive architecture that caught my eye, but something much less expected. On the building's lowest basement level, as a part of an event called "Media Culture in Asia: A Transnational Platform" (MeCA for short), was an artwork titled "Water State 1." Created by famous musician and composer Sakamoto Ryuichi with artist Takatani Shiro, it was a mesmerizing installation that combined falling raindrops and ripples on water with soothing sounds.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破