メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

8月11日号 ケリー・ウェザーリル 出遅れたプラごみ対策

音声を聞いてみよう

Plastic waste is scattered on a bank of the Arakawa River in Tokyo. (Courtesy of Takada Hideshige, professor of Tokyo University of Agriculture and Technology)

 現在、各国で使い捨てプラスチック製品の規制が進んでいる。日本でもプラごみ削減の動きが少しずつ見え始めたが、まだ不十分であると筆者は感じている。

    Problems with plastics

    In June, India made headlines around the world when it announced that it would ban all single-use plastics by the year 2022. Costa Rica and Scotland have made similar statements, and various countries and cities across the globe have banned or begun charging a price for single-use plastic bags. These measures were all caused by widespread environmental problems created by the kinds of single-use plastics that are used in packaging, shopping bags, straws and other items.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
    2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
    3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
    4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
    5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕