メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャパン・ウォッチ

8月11日号 ケリー・ウェザーリル 出遅れたプラごみ対策

音声を聞いてみよう

Plastic waste is scattered on a bank of the Arakawa River in Tokyo. (Courtesy of Takada Hideshige, professor of Tokyo University of Agriculture and Technology)

 現在、各国で使い捨てプラスチック製品の規制が進んでいる。日本でもプラごみ削減の動きが少しずつ見え始めたが、まだ不十分であると筆者は感じている。

    Problems with plastics

    In June, India made headlines around the world when it announced that it would ban all single-use plastics by the year 2022. Costa Rica and Scotland have made similar statements, and various countries and cities across the globe have banned or begun charging a price for single-use plastic bags. These measures were all caused by widespread environmental problems created by the kinds of single-use plastics that are used in packaging, shopping bags, straws and other items.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙に掲載しています。音声は全文を読み上げています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
    3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
    5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難