メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3月23-30日合併号 Jeffrey S. Irish 自分にとっての平成

音声を聞いてみよう

明治42年生まれの深町フヂエさん。生前、明治時代の人の静かな強さを筆者に教えてくれた (写真は筆者提供)

 昭和50年代に日本に移住した筆者は日本の伝統や職人技に魅了され、多くの人と交流を深めてきた。しかし、今ではその機会も失われようとしているという。筆者にとっての平成とはどのような時代だったのか、思い出と共に振り返る。

    My Heisei

    With the exception of a few years back in the United States, I've lived in Japan for most of the Heisei era. Early on -- from Heisei 2 to 5 -- I worked on a fishing boat on Shimokoshiki Island. From Heisei 7 to 10, I attended graduate school in Kyoto, and the remainder of Heisei -- the past 20 years -- I've lived in Kawanabe, a landlocked town located on Satsuma Peninsula.

    Jeffrey S. Irish さんの「Letter From Satsuma」は毎日ウィークリーで奇数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    おすすめ記事

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

    2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

    3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

    4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

    5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

    今週のおすすめ