メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語学習紙 毎日ウィークリー11月2日号

 

◆1面 Blossoming Heroes ラグビーW杯 日本、4強逃すも歴史的快進撃

アジアで初開催のラグビーW杯で、開催国の日本は準々決勝で南アフリカに3-26で敗れ、4強入りはなりませんでした。31人中15人が海外出身という日本代表チームは、「ワンチーム」のかけ声の下に一つにまとまって強豪のアイルランドやスコットランドを破り、予選リーグ4戦全勝で初めてベスト8入りして、多くのラグビーファンを沸かせました。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)

天皇陛下、「即位礼正殿の儀」で国内外に即位を宣言 / 香港大規模デモ 「覆面禁止法」撤廃など求め35万人以上参加 / 2020年東京五輪 マラソンと競歩は札幌へ 東京都は反発 / 日本、2025年までに看護師ら最大27万人不足との予測・・・など

◆4面 NEWS Q & A

日々のニュースへの素朴な疑問に毎日新聞記者が答えます。今回のテーマは「コロンブスってどんな人?」と「HIV陽性者に職業規制?」。

◆5面 Fフランツ・カフカ「変身」連載

易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆6面 SPECIAL 日本との外交育むナイジェリア大使

今年は、「 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」が8月末に横浜で開かれ、アフリカに注目が集まりました。会議に参加したナイジェリアのモハンメド・ガナ・イサ駐日大使(60)は、北海道大学に留学経験があり、日本語が話せる数少ない大使の1人です。日本での留学時代や、日本との関係、大使としての役割などについて話を聞きました。

◆7面 戸田奈津子の翻訳の花道

映画字幕翻訳の第一人者、戸田奈津子さんが、最新映画のせりふを日英対訳で紹介します。今週の映画は「ジェミニマン」。

◆8-9面 TRAVEL フィジー のどかな生活

今回のラグビーW杯にも出場した南太平洋の島国フィジーは、人口約89万人と小さい国だが、世界幸福度調査で1位の国だ。フィジーの人々は、相互扶助を意味するフィジー語の「ケレケレ」に象徴されるように、お互い笑顔で助け合って暮らしています。そののどかな暮らしぶりを毎日新聞の写真記者がカメラに収めました。

◆10面 アメリカ仕事カタログ、Garfield、英会話

米国の少し変わったお仕事カタログと、漫画、英会話学習のページ。

◆11面 Cross-currents

5カ国・地域の筆者に、日常生活にまつわる質問に回答してもらうコーナーです。身近なトピックから浮かび上がるお国柄に注目!今週のお題は「SNS上で使われている言葉や用語は何ですか?」。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC! / サンフランシスコ便り

元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが紹介するビジネス英会話と、米国文化に関するコラムです。

◆13面 堀先生と学ぶコロケーションの時間、藤田祐美「英検イディオム」

熊本学園大学教授の堀正広先生と一緒に、仲良し単語の組み合わせを学び、英語力を上達させましょう。隣におなじみ、英検対策の専門講師、藤田祐美先生によるイディオム解説。

◆14面 Views : Views : Into the True Blue、MACHIGAI!

国内外の筆者によるご当地コラムのViews。今週はオーストラリア在住のアイラ・ユールさんが「春の訪れ」についてつづります。また、日本人が間違いやすい英語を解説する人気コーナー「MACHIGAI!」のお題は「アプリ」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 Incredible Animals 「ラボードカメレオン」

米国出身のイラストレーター、ブルック・バーカーさんの可愛らしいイラストとやさしい英語で、動物たちの驚きの事実を紹介します。まずは、動物の特徴を英語3文で学びましょう。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

今週のおすすめ