メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月23日号 Jeffrey S. Irish 若者の力で地方に活力

音声を聞いてみよう

8月のそうめん流し祭りで、そうめんを必死にキャッチする子供たち(筆者提供)

 特攻平和会館や武家屋敷などが有名な鹿児島県南九州市の知覧町。最近は、観光客の高齢化などが問題になってきている。そこで筆者と筆者が教える大学のゼミの生徒たちは、ここ数年幅広い世代の観光客を呼び込むための活動をしている。

    Young energy in an old neighborhood   

    In Japan, Chiran is well known as a place where "kamikaze" pilots trained before taking off in the final months of World War II. In Kagoshima, Chiran is also famous for having a neighborhood of old samurai homes located along a street lined with stone walls.

    Jeffrey S. Irish さんの「Letter From Satsuma」は毎日ウィークリーで奇数月第4週に掲載中です。

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    おすすめ記事

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

    2. 巡査長が中学生平手打ち「ふてぶてしい態度、腹立った」 和歌山県警、書類送検

    3. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    4. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    5. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    今週のおすすめ