メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語学習紙 毎日ウィークリー11月30日号

特集「チンドン屋」

江戸時代に誕生し、街頭宣伝の元祖といわれるチンドン屋。 今なお独特の存在感を示し続けるチンドン屋の具体像を探りました。

◆1面 Art of Advertising チンドン屋 下町の商店街に活気

東京都北区の昔ながらの商店街、十条銀座商店街に、4人のチンドン屋が懐かしいサックスの調べを奏でながら現れると、商店街が一層活気づきました。チンドン屋は、起源を江戸時代末にさかのぼる街頭広告業者です。音楽を鳴らしながら、派手な仮装で人目を引きつつ練り歩き、店と通行人とを結びつける役割を担っています。

◆2-3面 HOT TOPICS(英語でニュース)

ヤフージャパンとLINE、経営統合で合意 / ボリビア前大統領、メキシコに亡命 大統領選不正疑惑で辞任後 / 野球プレミア12 侍ジャパンが韓国降し初優勝 /  イタリア「水の都」ベネチア、史上2番目の高潮で浸水・・・など

◆4面 東京チンドン倶楽部・高田洋介さんに聞く

チンドン屋歴34年の「東京チンドン倶楽部」代表・高田洋介さんが、この道に入ったきっかけや、仕事への思いなどについて語りました。

◆5面 チンドン屋 Q&A、栗原もなこさんインタビュー

チンドン屋は、音楽を鳴らしながら街頭で宣伝の仕事をする人々です。その役割分担や、名前の由来などについて紹介します。また、近年、チンドン屋には若者やさまざまな人々が参入してきていますが、大学生の時からチンドン屋に関わり、卒業後はフリーで活躍している栗原もなこさんに話を聞きました。

◆6面 チンドン屋 街頭宣伝の元祖 170年の歩みと解説

チンドン屋の170年の歩みを振り返ります。また、チンドン屋に詳しい小松健一記者が、その魅力について解説します。

◆8-9面 SPECIAL 写真で振り返るラグビーワールドカップ

9月20日から11月2日まで、20チームが熱戦を繰り広げたラグビーワールドカップ。日本は1次リーグ4試合で全勝し、初めて決勝トーナメントに進出しました。名場面を写真で振り返ります。

◆10面 Global Peculiar insects、Garfield、英会話

写真家、自然ジャーナリストの山口進さんによる世界の不思議な生き物の紹介。いつもは植物ですが、今回は番外編で昆虫の「アカエリトリバネアゲハ」です。他にマンガや英会話も。

◆11面 Fフランツ・カフカ「変身」連載

易しい英語ですらすら読めるノベルです。

◆12面 金井真努香のビジネス会話ABC!

元NHKラジオ英語ニュースアナウンサーで、現在は米サンフランシスコの大学などで教える金井真努香さんが紹介するビジネス英会話です。

◆13面 安河内哲也の この映画で学べ!

人気塾講師、安河内哲也先生が、自身のDVDコレクションの中から英語学習にぴったりの作品をピックアップします。今回は「恋とニュースのつくり方」。

◆15面 星占い、クロスワード、プレゼントなど

◆16面 PARALYMPICS 5人制サッカー、川村怜選手インタビュー

2020年8月25日開幕の東京パラリンピック。実施22競技(540種目)のポイントを紹介します。また、5人制サッカーの日本代表チーム主将・川村怜選手。高い得点能力と切れのあるドリブルを武器に、東京大会でのメダル獲得を目指します。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

今週のおすすめ