メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4月25日号 Rebecca Otowa さまざまな物を臨機応変に活用

音声を聞いてみよう

(左)庭の区切りにした瓦や、苗木の寒さよけにしたわら、(右)木の棒も再利用 (筆者提供)

 最近家の片付けをしている筆者は、使わなくなったものの取捨選択をしっかりと考えて行っている。古くても残す物の基準に「何かに使えるかどうか」があり、一つの道具に何通りもの使い道があるという。先代からのこの教えを何よりも大切にしている。

    22) Improvisation in the farmer's life   

    Recently we have been sorting things in our house. It's my job to decide what to keep and what to throw away. I have three categories of things to keep: 1) Is it very old or handmade? (our house is old, so many of the things I find are also old), 2) Does it have sentimental value? 3) Do I think it may be useful in the future?

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    おすすめ記事

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

    2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

    3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

    4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

    5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

    今週のおすすめ