メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月28日号 Jeffrey S. Irish 鹿児島に暮らすということ (最終回)

音声を聞いてみよう

筆者が歩く一つの道。四季折々の美しい景色が楽しませてくれる (筆者提供)

 日本の田舎に暮らして20年ほどになる筆者。最初は日本語に興味を持ち住み始めたが、鹿児島県の田舎に住むうちに人々の優しさや時間の流れ、素晴らしい景色に魅せられていったという。今では日本をどのように感じているのだろうか……。

    Staying on

    My first attraction to Japan was the language. I liked that Japanese and English weren't from the same language tree, that everything about Japanese was fresh and new. I also liked that Japanese was difficult. I got a sense fairly early on that I would never fully master the language, that there would always be another character or expression to learn. I was happy to know that I'd never arrive at the end of the road, that I'd never stop learning.

    記事全文は「毎日ウィークリー」本紙でお楽しみ下さい。音声は全文を読み上げています。

    おすすめ記事

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

    2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

    3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

    4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

    5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

    今週のおすすめ