メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカン・ドリーム最前線

堀山明子(ほりやま・あきこ) ロサンゼルス特派員。1991年入社。静岡支局、夕刊編集部、政治部などを経て2004年4月から09年3月ソウル支局特派員。北朝鮮核問題を巡る6カ国協議を取材をしたほか、夕刊コラム「韓流ざんまい」を連載した。11年5月から現職。ロス暴動20年の企画記事や夕刊コラム「サラダボウル」の連載を通じ、米国の多民族・多文化社会の実情に追っている。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです