メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャイ屋の片隅で〜インドから〜

金子淳(かねこ・じゅん)ニューデリー特派員。2006年入社。北海道報道部、外信部を経て14年4月から現職。高校時代に初めてインドを訪れ、大学ではヒンディー語を専攻。8回目の訪印が赴任となった。

  • カリルの結婚

    新婚編(14)そして父親に

     「女の子が生まれました」。看護師からそう聞いた瞬間、僕はのどに詰まっていた不安から解放された。 妻が分娩室に入ってからというもの、僕はいつ泣き出してもおかしく…

  • カリルの結婚

    新婚編(13)出産のとき

     2015年6月8日、妻の出産に備え、義母と義弟が僕らの住むニューデリーにやってきた。担当医によると、僕らの赤ちゃんは6月の第1週に生まれるはずだった。だが、予…

  • カリルの結婚

    新婚編(12)赤ちゃんの名前

     妻が妊娠してから9カ月目に入った。出産に備え僕らは着々と準備を進めていた。 担当医は、超音波診断の結果から「6月の第1週に生まれるだろう」と予想していた。5月…

  • カリルの結婚

    新婚編(11)近づく出産

     妊娠中の妻を病院に連れて行くため、僕はローンで何とか車を買うことができた。それでも、僕の心配は続いた。妻のつわりがひどかったからだ。彼女が吐き気に苦しんでいて…

  • カリルの結婚

    新婚編(10)不安な日々

     夜がなければ朝は来ない。同じように、苦痛や葛藤がなければ幸せは来ない。 これまで僕はこのコラムで、人生の最も幸福な時期について記してきた。でもここで、苦しい経…

  • カリルの結婚

    新婚編(9)つかの間のハネムーン

     僕ら夫婦は午後10時ごろ、インド東部ダンバードに向かう旅路についた。インドの慣習通り「シャブ・バラートの月」を妻の実家で見るためだ。長距離列車の旅だったが、水…

  • カリルの結婚

    新婚編(8)月を見る慣習

     僕ら家族は、妻の妊娠を知り、とても幸せだった。僕は近隣の産婦人科の病院を調べたり、既婚の友人に体験談を聞いたりして、来るべき将来に備え始めた。それは、興奮と恐…

  • チャイ屋の片隅で

    (8)10年目の地震

     10月26日、アフガニスタン北東部を震源とする地震(マグニチュード7・5)が起きた。死者はアフガンで100人超、パキスタンでは300人近くに上っている。発生の…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 社説 天皇陛下の沖縄訪問 寄せ続けた深いお気持ち

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです