メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

13億人の国から@上海

林哲平(はやし・てっぺい) 上海特派員。2002年入社。盛岡支局、東京本社社会部、京都支局、外信部を経て2015年4月から現職。趣味は山歩きと中国の歴史小説を読むこと。

  • 魔都の食卓

    (5)習主席のランチ 連日満席

     冬の足音が聞こえ始めた11月、上海中心部の一軒の料理店が市民から注目された。「習大大(習近平国家主席の愛称)がランチを食べた」とのうわさがインターネットに流れ…

  • 魔都の食卓

    (4)本物の上海ガニはどこに

     秋も深まるころ、上海の街角には「大閘蟹(だいこうがに)」と書かれた看板が目立つようになる。世界中の中華料理好きが待ち焦がれる上海ガニのシーズンがやってきたのだ…

  • 魔都の食卓

    (3)ブドウは地元の宝

     新疆(しんきょう)の太陽には気を付けろ、と言われていたがここまでとは思わなかった。首筋がひりひりし始め、汗がとめどなく落ちては乾いた地面に吸い込まれていく。「…

  • 魔都の食卓

    (2)「ちまき」南北戦争

     初夏が近づくころ、中国国内を二分する恒例の論争が起こる。「断然、甘い方がおいしい」「いや、しょっぱいのこそ正統だ」 議論の種は、端午節に食べるちまきの味。子ど…

  • 魔都の食卓

    (1)米国流「小籠包の公式」

     上海を訪れる観光客のお目当ての一つ、小籠包(ショウロンポウ)。蒸したてにかぶりつくと、豚肉の脂のうまみが凝縮された熱々のスープが口の中に流れ込む。上海人にとっ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです