メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

与良正男専門編集委員による政治コラム。長年政治の裏側を取材してきた筆者が、永田町を鋭く斬ります。水曜日更新。

  • 都合よく多様性を語るな=与良正男

     ようやく始まった臨時国会の冒頭行われた所信表明演説で、安倍晋三首相が「多様性の大切さ」を強調したのにはいささか驚いた。多くの人がそうだったろう。今の安倍政権の…

  • 補助金不交付を許す土壌=与良正男

     安倍晋三首相が行った先の内閣改造は「反リベラルの仕上げ」の意味を持つと前々回、書いた。早くもそれがあらわになったと言うべきだろう。国際芸術祭「あいちトリエンナ…

  • 官邸対応「問題なし」とは!?=与良正男

     「こんな現場を見たのは初めてでした」。台風15号の影響による停電がなお続く千葉県で、連日取材を続ける在京民放の女性リポーターは私にこう話した。 彼女は東日本大…

  • 反リベラルの仕上げ内閣=与良正男

     安倍晋三首相はますます自信を深めていることだろう。先日の毎日新聞世論調査によると安倍内閣の支持率は前回(6月)調査より10ポイントも上昇し、50%となった。 …

  • 安倍1強、続く国会無視

     安倍晋三首相が小泉進次郎氏を閣僚に起用するかどうかが一番の話題だったような今度の内閣改造。結局、「お友達・右派内閣」色が強くなり、安倍1強政治は変わりそうにな…

  • 代わる首相の顔が見えない

     もうそんなになるのか……と感じた人も多いに違いない。自民党から旧民主党への政権交代が確定した2009年8月末の衆院選から10年がたった。 政治記者になって以来…

  • 石破氏のまっとうな意見=与良正男

     最近は、しごく当たり前の意見を言うのも相当な勇気が要る。韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄して泥沼に陥っている日韓関係について、自民党…

  • 戦後74年、子どもの貧困=与良正男

     この夏読んだ1冊の本を紹介したい。1947年生まれの児童文学作家、中島信子さんが書いた「八月のひかり」(汐文社)。子どもの貧困という問題を少女の視点から描いた…

  • れいわの動き広げるには=与良正男

     山本太郎代表率いるれいわ新選組が永田町を動かし始めている。 重度の身体障害を持つ2人が当選し、参院本会議場などのバリアフリー化が進んだだけではない。立憲民主党…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです