メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

与良正男専門編集委員による政治コラム。長年政治の裏側を取材してきた筆者が、永田町を鋭く斬ります。水曜日更新。

  • 若者よ どうする=与良正男

     参院選は盛り上がりに欠け、低投票率になりそうだという声を聞く。低くなれば組織力が強い自民党が有利というのが従来の常識。でも最近はそうとは言い切れないと政界関係…

    (2019年7月17日 14:15)

  • 不都合な話を報じない罪=与良正男

     この6年半が凝縮されているような光景だった。参院選公示を前に3日開かれた日本記者クラブ主催の党首討論会で、記者側が選択的夫婦別姓等々に関し、「賛成の人は挙手を…

    (2019年07月10日 14:02)

  • 安倍外交の危ない現実=与良正男

     前日まで大阪で主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれていたことを忘れさせてしまうような電撃的な米朝首脳会談だった。 でも安倍晋三首相にとってむしろ幸運だ…

    (2019年7月3日 12:41)

  • 公明に恩売った安倍首相=与良正男

     ずっと取りざたされてきた衆参同日選は見送られ、参院選が単独で7月に実施される運びとなった。私は同日選に反対してきたから、まずはよかったと思っている。 仮に同日…

    (2019年6月26日 12:50)

  • 麻生さん もう限界だ=与良正男

     なぜ自民党が国会審議をしたくないのかだけはよく分かった。例の「老後2000万円」問題を中心に、麻生太郎副総理兼財務相が出席して開かれた衆参委員会でのやり取りを…

    (2019年6月19日 14:41)

  • 病院に行けない若者たち=与良正男

     5月末の毎日新聞京都版にこんな記事が載った。京都総評が傘下の組合員らを対象に実施した生活実態調査結果だ。 調査に基づいて試算したところ京都市北区に住む25歳の…

    (2019年6月12日 14:31)

  • 同日選に反対する=与良正男

     安倍晋三首相が経団連総会で、強まる一方の衆院解散風に触れて「風というのは気まぐれで、誰かがコントロールできるものではない」と軽口をたたいたそうだ。 首相自らの…

    (2019年6月5日 14:05)

  • 異例のご接待は何のため=与良正男

     これは外交ではなく、やはり「接待」と言うべきだろう。今度のトランプ米大統領の来日である。 安倍晋三首相は昨秋ごろから「どうすればトランプ氏の機嫌が良くなるか、…

    (2019年05月29日 14:57)

  • 戦争が軽々語られる時代=与良正男

     戦後間もなく死去した政治家、斎藤隆夫が、当時泥沼化していた日中戦争を国会で批判した「反軍演説」で軍部の怒りを買い、圧倒的多数の国会議決で衆院議員を除名されたの…

    (2019年5月22日 14:20)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです