メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 団塊やバブル、ゆとりなど日本でも世代論が盛んだが…

     団塊やバブル、ゆとりなど日本でも世代論が盛んだが、米国はそれ以上だ。清教徒以来の世代を分析した研究まである。昨年の大統領選では20~30代のミレニアル世代の動…

    (2017年4月24日 03:31)

  • 直木賞にその名を残す直木三十五…

     直木賞にその名を残す直木三十五(なおきさんじゅうご)(1891~1934年)は「南国太平記(なんごくたいへいき)」などの大衆小説で人気を集めた。無頼派作家の社…

    (2017年4月23日 03:49)

  • 骨董を買いあさって…

     骨董(こっとう)を買いあさって各地を回る男、茶店で猫が飯を食っている皿を見て驚く。300両は下らぬ絵高麗(えごうらい)の名品と見抜いて一計を案じ、主人にこの猫…

    (2017年4月22日 03:49)

  • さまざまな布片を縫い合わせる…

     さまざまな布片を縫い合わせるパッチワークに「ピーターから奪ってポールへ支払う」という名のパターンがある。この言葉、次にポールから奪ったものをピーターへ払うとい…

    (2017年4月21日 03:59)

  • 社会現象を何者かの陰謀で説明しようと…

     社会現象を何者かの陰謀で説明しようとする陰謀論(コンスピラシー・セオリー)を批判した英哲学者ポパーは言う。もし陰謀論を信じる人々が権力をとれば、思い通りになら…

    (2017年4月20日 03:57)

  • 古代ギリシャのソフィストは…

     古代ギリシャのソフィストは、ああいえばこういう連中だった。絶対に負けない弁論術を教え、もし裁判で負ければ授業料は返すという弁護士教室。そこで課程を終えた弟子が…

    (2017年4月19日 03:49)

  • 奈良の興福寺は法隆寺と並んで…

     奈良の興福寺は法隆寺と並んで国宝の仏像の収蔵数は日本一だが、明治初めの廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)では廃寺寸前だった。寺僧全員が還俗(げんぞく)してしまい、今…

    (2017年4月18日 03:41)

  • 立春、春分など中国由来の二十四節気は…

     立春、春分など中国由来の二十四節気(せっき)は日本から朝鮮半島、ベトナムまで広く伝わっている。昨年末、中国の申請でユネスコの無形文化遺産に登録された。今は清明…

    (2017年4月17日 03:49)

  • 彼女の奇妙な体験は…

     彼女の奇妙な体験は、深い穴に落ちたことから始まる。穴に導いたのは、人間の服を着た白いウサギだ。1865年に発行されたルイス・キャロルの児童小説「不思議の国のア…

    (2017年4月16日 03:39)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2017欧州の岐路 仏大統領選、混戦模様 ルペン氏「フランス第一」 マクロン氏は「EU結束」
  2. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
  3. 特集ワイド 「あり得る」ルペン仏大統領 「自由・平等・博愛」どこへ ノスタルジーと排他性、日本に通底
  4. 仏大統領選 マクロン氏とルペン氏が決選投票へ
  5. 建造物侵入容疑 トイレ屋根裏「数年前から寝泊まり」男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです