メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 目が覚めると水の中にいるように…

     目が覚めると水の中にいるように視界がぼやけた。三野田大翔(ひろと)さん(28)は3年前の朝を思い出す。妊娠中の妻と1歳の息子に囲まれ、ファッションショーや結婚…

    (2017年11月19日 03:29)

  • 「おためごかし」を漢字で書くと…

     「おためごかし」を漢字で書くと「御為倒し」だという。相手のためと見せかけてこかす=あざむくというわけで、たちが悪い。まあ「あなたのためだから……」と猫なで声で…

    (2017年11月18日 03:34)

  • 「深紅の紅葉と深緑が交錯する谷間から上を見上げれば…

     「深紅の紅葉と深緑が交錯する谷間から上を見上げれば、高くそびえる岩壁が青空を切って走っている。確かに日本の美しさは数え上げれば堂々たる大冊の目録となるであろう…

    (2017年11月17日 03:35)

  • 「大きな利点があるが…

     「大きな利点があるが、それが何なのか誰にも分からない事業を運営する会社」。何のことかと思われようが、18世紀の英国にできた会社の名前という。こんな会社に投資を…

    (2017年11月16日 03:56)

  • 平安時代の相撲節に出場した…

     平安時代の相撲節(すまいのせち)に出場した相撲人(すまいびと)・久光の得意技は爪を伸ばして相手をひっかくことだった。だがある時、怒った相手に頭をつかまえられ悶…

    (2017年11月15日 03:46)

  • 多くの葉が繁茂するのに由来する「千葉」という地名の最も古い用例は…

     多くの葉が繁茂するのに由来する「千葉」という地名の最も古い用例は、万葉集にある下総の防人(さきもり)の歌らしい。「千葉の野の児手(このて)柏(かしは)の含(ほ…

    (2017年11月14日 03:41)

  • 裏声でこぶしを入れる島唄はなぜもの悲しく…

     裏声でこぶしを入れる島唄はなぜもの悲しく、美しいのか。NHK「新日本風土記」のテーマ曲である「あはがり」。歌うのは、古くから奄美群島に伝わる島唄の唄者、朝崎郁…

    (2017年11月12日 03:32)

  • ギリシャ神話のシジフォスは…

     ギリシャ神話のシジフォスは巨大な岩を山頂へ押し上げる苦行を神々に科せられた人物だ。押し上げた岩はすぐに谷底に転がり落ち、彼は果てしないこの徒労を繰り返す。では…

    (2017年11月11日 03:59)

  • 「以上のような次第で、私は…

     「以上のような次第で、私は『あらゆる栄光につつまれたソロモン王』を目のあたりにしたのである」。こう記すのは清(しん)の乾隆帝(けんりゅうてい)に熱河離宮(ねっ…

    (2017年11月10日 03:32)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  3. 日馬富士暴行 貴乃花親方、協会と溝深く 黙して語らず
  4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
  5. 社説 日馬富士関が後輩に暴行 横綱を名乗るに値しない

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです