メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。
  • 赤穂浪士が討ち入った元禄15年12月14日は…

     赤穂浪士が討ち入った元禄15年12月14日は西暦1703年1月30日という。討ち入り当日は晴れていたが、前日までの積雪が残っていたらしい。忠臣蔵の脚色にあたり…

    (2018年1月23日 03:56)

  • 「『この時主人公は…

     「『この時主人公は(1)悲しかった(2)悔しかった(3)寂しかった』のうちから一つ選べといわれて、『おかしかったんじゃないかな』と思う子供は論外で『(1)も(…

    (2018年1月22日 03:55)

  • 広い世界には、なかなかユニークな担当の大臣が…

     広い世界には、なかなかユニークな担当の大臣がいるようだ。ヨガなど古典的健康法を推進するヨガ担当相を置いたのは、インドである▲アラブ首長国連邦(UAE)には、幸…

    (2018年1月21日 03:29)

  • 漢字クイズで何度か見た「零余子」…

     漢字クイズで何度か見た「零余子」、さて何と読んだか。正解は「むかご」、山芋の葉のつけ根にできる丸い肉芽だ。いわば山芋の赤ちゃんで、ゆでるもよし、炒めるもよし、…

    (2018年1月20日 03:40)

  • 古いことわざに「寒垢離屋が商売は冷たい」という…

     古いことわざに「寒垢離屋(かんごりや)が商売は冷たい」というのがある。寒垢離は寒中に水をかぶって神仏に祈る修行だが、昔はお金をもらって代行する人がいたらしい。…

    (2018年1月19日 03:53)

  • 「史上最高齢の大統領が危機に対処できるか…

     「史上最高齢の大統領が危機に対処できるか」。73歳で再選をめざしたレーガン米大統領は年下の対立候補の攻撃に答えた。「私はこの選挙で年齢を問題にしません。相手の…

    (2018年1月18日 03:46)

  • 作家の向田邦子さんは女学校時代…

     作家の向田邦子(むこうだ・くにこ)さんは女学校時代、東京大空襲に遭う。辛くも生き延びた翌日、「次は必ずやられる。最後にうまいものを食べて死のうじゃないか」と父…

    (2018年1月17日 03:34)

  • 新古今和歌集の選者だった歌人、藤原定家は…

     新古今和歌集の選者だった歌人、藤原定家(ふじわらのていか)は愛猫家だったという。妻の飼いネコをもらい受け、かわいがっていたが、ある時屋敷に侵入したイヌにかみ殺…

    (2018年1月16日 03:57)

  • 夏子は14歳の中学生…

     夏子は14歳の中学生。学校には居場所がない。出会ったのは一つ年上の月島。2人は長い時間をともにし、傷つき、悩みながら成長していく。人気バンド「SEKAI NO…

    (2018年1月15日 03:52)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
  2. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
  3. 草津白根山噴火 屋根突き破る噴石 地元役場「煙見えた」
  4. AV問題 動画削除も「気持ち晴れぬ」 55本出演の女性
  5. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです