メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

毎日新聞1面の看板コラム。

  • 兵法書「孫子」は…

     兵法書「孫子(そんし)」は末尾で2人の人物を称賛している。昔、殷(いん)が興って夏(か)の滅んだ時には伊摯(いし)が夏に潜入していた。周(しゅう)が殷に代わっ…

  • 古代ギリシャのオリンピックでは選手が…

     古代ギリシャのオリンピックでは選手が裸身で競技したという話はご存じだろう。実はオリンピックが始まった当時はみな腰巻きをつけていたが、紀元前8世紀の出来事をきっ…

  • 「トリハイ」と聞いてピンとくるのは…

     「トリハイ」と聞いてピンとくるのは昭和の酒場を知る世代だろうか。トリスウイスキーのハイボールのことで、作家の開高健(かいこう・たけし)はサントリー宣伝部時代の…

  • 18世紀英国議会では…

     18世紀英国議会ではトーリー党とホイッグ党の2大政党政治がくり広げられた。保守党の前身トーリー党はアイルランドの追いはぎ、後に自由党となるホイッグ党はスコット…

  • 桃栗三年柿八年…

     桃栗三年柿八年。先週、自民党本部の仕事始めで安倍晋三首相が8年目に入った長期政権を自賛した。「ゆずは九年の花盛り」と言葉を継ぎ、来年9月までの総裁任期を強調し…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. 第74回毎日映画コンクール 大賞に「蜜蜂と遠雷」 美しい映像で音楽表現 優秀賞「新聞記者」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです