メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • 映画監督の支援

     3度の死刑判決の末に無罪を勝ち取った阿藤周平さんに会ったのは大阪市内の公園だった。「(看守の)靴音が自分の(独房の)前で止まったらしまいですわ」。拘置所で7人…

  • 風の見える街で

     しばらく前の晴天の日、外を歩いていたらスマートフォンの通知音が鳴った。防災アプリで、数分後に1時間当たり80ミリの豪雨予測。画面では数キロ先の海岸線沿いが、雨…

  • グレーヘア

     近年、白髪を染めないグレーヘアがはやっているらしい。2018年の流行語大賞にもノミネートされた。 私も3年前、43歳の時に白髪染めをやめた。白くなった生え際を…

  • 友情の証し

     タイの女性編集者ウィーナさん(53)は英字紙ネーションの元記者だ。ビジネスの取材を担当していた20代のころ、現場でよく一緒になったのがライバル紙バンコク・ポス…

  • 大島紬の挑戦

     奄美の伝統工芸品の絹織物「大島紬(つむぎ)」を初めて身に着けた。といっても着物ではなく、マスク。大島紬の販売などを手がける「上村(かみむら)商店」(鹿児島市)…

  • 庭石の下

     「トランプ政権が8年間続いたら、世界はもう元に戻らない」。2年前、米国勤務を終え、帰国する私を見送ってくれた米シンクタンク幹部、マシュー・グッドマンさんの言葉…

  • 10年に1度のドラマ

     第100回全国高校ラグビー大会の予選が各地で始まった。「花園」とも呼ばれる大会は節目の記念で出場枠が増え、福岡も2となった。 10年前の第90回大会も福岡は2…

  • サツマイモの味

     ゆでたサツマイモが好きで、デザート代わりにしょっちゅう食べている。母(89)は横目で「私はいらないからね。子どもの時どれだけ食べたか」とうんざりした顔で言う。…

  • 角打ち文化

     北九州市小倉北区の角打(かくう)ちの名店「平尾酒店」を先週、久しぶりにのぞいた。気品ある笑顔で迎えてくれた名物おかみの平尾ユカリさん(80)にコロナ禍の影響を…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです