メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

  • かかしのソフト

     福岡県飯塚市鯰田地区の田んぼに、今年もソフトボールを楽しむかかしたちがお目見えした。JR筑豊線浦田駅近くの稲刈りを終えた田をグラウンドに見立てて、ユニホーム姿…

    (2018年11月13日 17:19)

  • 墨痕鮮やかに

     江戸時代、若狭と京都を結ぶ鯖(さば)街道の宿場として栄えた熊川宿(福井県若狭町)。小春日和となった今月初め、伝統的街並みの中に建つ、古民家を改修した熊川宿若狭…

    (2018年11月13日 17:05)

  • 甘い軍配

     九州場所が始まった。相撲の勝敗を決するのが行司が持つ軍配だが、「甘い軍配」があるのをご存じだろうか。東京・神田の和菓子店「庄之助」の「二十二代庄之助最中(もな…

    (2018年11月13日 15:05)

  • 北の茶所

     秋の行楽シーズン。「お水取り」で有名な奈良・東大寺二月堂を訪れる人は、本堂脇に建つ「北の茶所」で一息ついてほしい。目立たないが、セルフサービスでほうじ茶を頂け…

    (2018年11月12日 16:24)

  • 立ち直り

     西南学院大(福岡市)で先月あった日本犯罪社会学会の大会を訪ねてみた。研究者が一堂に会し、研究成果などを発表する中で目を引いたのが、元受刑者の社会復帰を支援する…

    (2018年11月12日 16:08)

  • 駅員への暴力

     混雑する電車や駅でいら立つ人の姿は珍しくない。職場や家庭で抱えたストレスを、反撃してこない駅員たちにぶつけてしまうケースは多いという。 日本民営鉄道協会による…

    (2018年11月12日 15:06)

  • 先見の明

     「新聞は就活の役に立たない」。こんな話を聞いて仰天した。若者の新聞離れの背景を探る学生アンケートで、新入社員から寄せられた声という。学生編集紙面「東海キャンパ…

    (2018年11月10日 16:41)

  • 敵じゃない

     4日にトランプ米大統領の集会に行った。中間選挙を2日後に控え、南部テネシー州で開かれた。 1万人を超える群衆の中に、ひときわ目立つ緑色のシャツを着た白人男性が…

    (2018年11月10日 15:05)

  • 21世紀の博覧会

     私にとって博覧会といえば、1981年3~9月に神戸で開かれた「ポートピア’81」だ。関係者が招かれた開幕日前日に親戚のつてで入場でき、華々しい開会式の熱気が冷…

    (2018年11月9日 16:49)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです