メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

ご意見・情報をお待ちしています

毎日新聞は新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」で、障害者への強制不妊をはじめとする人権侵害に光を当ててきました。しかし、「優生」は決して過去の問題ではなく、障害者だけの問題でもありません。強制不妊は姿を消しても、性的少数者に対して「生産性がない」と公言する政治家が現れるなど、今も差別的な問題が生じています。一方、差別の対象は時代状況によって変わり得ます。近年の先端科学の進展は、万人の遺伝子レベルでの差異を明らかにし、次世代の遺伝子改変や選別も可能にしました。病気の治療に期待が高まる半面、遺伝差別も危惧されています。誰もが「異常」の当事者になりうる時代に、「優生社会」は誰も幸福にすることはありません。旧優生保護法からの宿題と向き合い、共生に取り組む現場を歩きながら、あらゆる生を肯定する社会への道筋を探ります。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  3. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  4. 詐欺手口、原点回帰? 「オレオレ」前年より2割増 「息子」7割 埼玉

  5. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです