薬と健康を考える

スペシャルインタビュー 薬局は健康サポート拠点 日本薬剤師会 常務理事 渡邊 大記さん

10月17日から23日まで「薬と健康の週間」(厚生労働省、日本薬剤師会など主催)。常備薬の選び方や、医薬品のよりよい活用法について深く知るよい機会です。「調剤や市販薬の販売だけでなく、地域医療との連携に力を入れ、同時に『かかりつけ薬剤師・薬局』として、住民1人ひとりの健康をサポートする拠点になりたい」と話す、日本薬剤師会の渡邊大記常務理事に伺いました。

身近な場所に、かかりつけ薬剤師・薬局を

暮らしのパートナー「健康サポート薬局」

健康サポート薬局

 これからの薬局の姿は、「地域医療に主眼を置き、地域に根付く薬局」。たとえば、自分の判断で市販薬を買って、「尿が出にくくなる」「眠くなる」といった思わぬ副作用に苦しむケースがあります。しかし、前もって薬剤師に相談すれば、副作用の予防や飲み合わせなどのアドバイスができます。私たちは皆さまが地域の中でいつでも相談できる「かかりつけ薬剤師(または薬局)」になることを目指しています。

 一般に医療機関からの処方箋は、その近くにある薬局で調剤してもらうことが多いでしょう。しかし、いざ自宅や職場で薬をのんで、何か不都合なことが生じた場合、遠く離れた薬局に行くことはなかなか難しいものです。かかりつけ薬剤師・薬局は自分が容易にアクセスできる生活圏の中にあると、そんな時にもお役に立てるのです。

 最近は地域住民の健康を総合的に支援する拠点として、地域の人々にとって必要な機能要件を満たした「健康サポート薬局」が誕生しています。患者の服薬管理はもちろん、在宅医療への対応、夜間・休日での対応、健康食品に関する相談、介護に関する相談、近隣の医療機関との連携などさまざま機能を発揮し、地域医療にも貢献しています。

健康サポート薬局

機能別薬局 ~それでも変わらない本質~

渡邊 大記さん

 加えて国は、在宅医療への継続的な対応などの機能を持った「地域連携薬局」と、がん患者などの薬学的管理に専門医療機関と連携して対応する「専門医療機関連携薬局」の二つの類型をもうける制度の導入を検討しています。ただ、いろいろな特性を持つ薬局が出てきても、薬局自体の本質的な機能は変わりません。薬ありきではなく、地域住民の健康を守るという意識で取り組んでいきます。

渡邊 大記さん

「うっかりドーピング」防止に一役

認定スポーツファーマシスト

 2020年の東京五輪が近づき、国民のスポーツへの関心が高まっている中、薬剤師にはアンチ・ドーピングの取り組みも期待されています。スポーツ選手が風邪薬や頭痛薬、サプリメントなどに含まれた禁止薬物を不用意に摂取してしまうと、ドーピングに問われかねません。しかし、最新のアンチ・ドーピング知識をもっている薬剤師に相談すれば、こうした「うっかりドーピング」を防ぐことができるのです。

 公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、所定のカリキュラムと確認試験を修了した薬剤師を「公認スポーツファーマシスト」として認定。2019年4月現在、全国で9530人の薬剤師が認定を受けています。その存在は、薬局にあるステッカーで分かるようになっています。

 日本は国民皆保険により医療保険制度が充実していますが、併せて、軽い病気やけがの場合は市販薬などを使って自分で治す「セルフメディケーション」の充実も求められています。

 2017年1月には『セルフメディケーション税制』も始まり、自身の健康を守る人々の負担軽減も図られています。

 健康相談や薬の上手な利用方法など、気軽にかかりつけ薬剤師に相談してほしいと思います。

認定スポーツファーマシスト
セルフメディケーション税制Q&A

セルフメディケーション税制はどんな制度ですか。

セルフメディケーション税制とは、健康の維持や病気の予防などで「スイッチOTC医薬品」を購入した人を対象に所得控除を認める制度です。

セルフメディケーション税制の控除額と減税額
セルフメディケーション税制の控除額と減税額

対象となる「スイッチOTC医薬品」に該当するのはどのような医薬品ですか。

スイッチOTC医薬品とは、OTC医薬品(OTCはオーバー・ザ・カウンターの略。カウンター越しに購入できる薬)のうち、医療用から一般用医薬品に切り替えられた薬のことです。風邪薬、頭痛薬、胃腸薬、肩こり・腰痛の貼付薬など約1500品目あります。該当製品には、「セルフメディケーション税控除対象」のマークが表示されています。

スイッチOTC医薬品を購入すると、どれくらい医療費が控除されるのですか。

スイッチOTC医薬品の購入金額(1月1日から12月末までの合計)が1万2000円を超えた場合、その超えた金額(上限は8万8000円)が課税所得から控除されます。例えば、課税所得400万円の人が3万円分のスイッチOTC医薬品を購入したら、1万2000円を差し引いた1万8000円が控除対象になります。その結果、所得税と個人住民税を合わせ、5400円の減税になります。
 ただし、従来の医療費控除との併用はできず、どちらかを選択することになります。また、通常の健康診断や予防接種など一定の取り組みを行っていることが前提条件になります。
 詳しくは、薬剤師にお尋ねください。