海湾旅行年に行きたい 台湾
06

野柳地質公園と和平島エリア

AREA
新北・基隆
THEMA
絶景

それぞれ異なる形の奇岩があちこちに点在し、世界中探してもなかなか見られない自然景観を持つ野柳地質公園。新北市に位置しており、キノコ岩、豆腐岩、象鼻岩、仙女靴、女王頭などがあります。女王頭(クイーンズヘッド)は野柳地質公園のランドマークで、その姿が英国のエリザベス女王の頭部に似ていたことからこの名が付けられました。
野柳は大屯山系の分脈が海中に約1700メートル伸びてできた岬で、海食風化と地殻変動により、海食崖や変成岩、岩穴などが延々と続く独特の景観を生み出しました。観光スポットは第1エリアの「女王頭」、「仙女鞋」、「燭台石」、第2エリアの「豆腐石」、「龍頭石」、第3エリアの海食崖、「海狗石」などと大きく三つのエリアに分けられ、地質教育の課外授業にも利用されています。
その他海洋生態博物館、シーワールドも設置されており、珍しい魚や海洋生物が200種類近く展示されています。シーワールドではクジラやイルカ、オットセイなどの高飛びや水上バレエといったショーも楽しむことができるため、家族連れなど多くの観光客が訪れるスポットとなっています。
基隆港の東側に位置する和平島公園の魅力は、その海蝕によって形成された海岸の風景です。園内の海岸は、長期間の波と風による侵食でリアス式海岸のように形成されており、中でも「豆腐岩」と「万人堆」は園内で最も有名な景観で、様々な地質景観が見られることからも、子供たちの社会見学のスポットとしても人気があります。
海岸を歩き疲れたら砂浜の岩石に座り、岩に激しくぶつかる波の音を聞きながら、心も体も自然の中で癒されてみては。ただ園内の海蝕崖は地質が不安定で、崖崩れの恐れがあるため、海蝕崖の下に留まらないようご注意ください。

おすすめスポット

Taiwan The heart of Asia Taiwan tourism bureau