海湾旅行年に行きたい 台湾
18

安平古堡、安平樹屋と四草生態文化園区

AREA
台南
THEMA
自然・歴史

安平はかつて「大員」と呼ばれており、これが「台湾」という地名の由来となりました。ここには台湾のルーツを探れる古蹟が数多く残っているほか、美しい海岸風景や港町ならではのグルメも満喫できます。
かつてオランダ人による統治の中枢であった安平は、対外貿易の中心地として栄えていました。その後鄭氏政権時代、清国統治時代、日本統治時代など、異なる年代性を残した歴史の足跡をここでは感じることができ、特に時代の移り変わりを感じられる台湾最古の城塞・安平古堡は、必ず訪れたい景観スポットです。そのほか、億載金城や安平樹屋、東興洋行、海山館、徳記洋行、安平小砲台など歴史的なスポットも豊富で、それぞれ特色ある建築となっています。安平に残るこれらの優美な古蹟を通して、300年余りの台湾の歴史に触れてみてください。
また蝦餅(エビせんべい)や豆花(豆腐プリン)、蚵仔煎(カキ入り台湾風オムレツ)などの美食を屋台で楽しめるだけでなく、延平老街付近には特産物を扱った商店が数多く集まっており、ショッピングも思う存分楽しめます。
「台江国家公園」内にある「四草」では、安平の違った魅力を味わえます。園内には黒面琵鷺保護区や七股潟湖の他、マングローブが作り出す「緑のトンネル」は台湾のミニチュアアマゾン川とも言われ、マングローブの種類と数は台湾一の多さを誇るスポットです。マングローブと湿地で形成される自然生態景観は、台湾西南沿海に刻まれたエメラルドのように感じられます。

おすすめスポット

Taiwan The heart of Asia Taiwan tourism bureau