海湾旅行年に行きたい 台湾
22

宜蘭設治記念館と西郷廳憲徳政碑と礁渓温泉+亀山島

AREA
宜蘭
THEMA
文化

礁渓から東北の方角にある太平洋上の島で、遠方から見るとウミガメのように見えることから「亀山島」と呼ばれています。面積はわずかに2.9km2と小さいですが、この地の朝の風景は、「亀山朝日」と呼ばれ、蘭陽の名勝にあげられたほど有名な島です。とくに4月から9月にかけての早朝5~6時、頭城海水浴場や蘭陽渓口からの眺めは絶景として知られています。2000年より一般開放され、豊かな海洋生態や植物が魅力で、イルカウォッチングや基隆からの探検クルーズを楽しむこともできます。
宜蘭市内にある「宜蘭設治紀念館」は、日本統治時代の宜蘭庁長、西鄉菊次郎が建設したもので、後に宜蘭県の歴代行政首長の官邸となっていました。
宜蘭設治紀念館の魅力は、日本統治時代に戻ったかのように感じられる空間です。ここには日本式木造民家、日本式庭園があり、主展示室に入ると淡いヒノキの香りに癒されることでしょう。紀念館を見学した後は隣にある「文学館」にも足を伸ばし、市内の喧騒にはない静けさを味わってみてください。
また宜蘭県はマグマをもった断層地帯の上にあり、その地質の特殊性から各所に温泉が噴き出しているエリアでもあります。なかでも、礁渓温泉は風光明媚で、昔から「蘭陽八景」のひとつに数えられていました。礁渓温泉は、かつて当地の農民が仕事帰りに漬かって帰っていたことが発祥といわれており、今でもそうした名残の公衆浴場が2ヶ所残っています。沐浴後、皮膚はすべすべと光沢を発し、まったくべたつかないため、温泉好きの方におすすめです。

おすすめスポット

Taiwan The heart of Asia Taiwan tourism bureau