海湾旅行年に行きたい 台湾
30

馬祖島・藍眼涙

AREA
連江
THEMA
自然・歴史・文化

台湾本島の西北に位置する馬祖島は中国大陸まで約20キロで、中国福建省の文化、美しい景色、希少な生態系などを有する他、内戦時に重要な軍事拠点となっていたため、今も戦地文化が残っています。戦地の遺跡である砦、軍事キャンプ、砲台、坑道、スローガンなどが当時の戦地のような姿のまま、現在の島民の生活に溶け込んでいます。中でも山の地形に沿って掘られた坑道が有名で、現在は観光スポットになっています。
馬祖に訪れたらぜひ見ていただきたいのが、海面が青くオーロラのように光る藍眼涙という現象です。毎年、4月~9月の限られた季節で、風向き、海流などの条件が揃ったときにだけ現れます。青く光る神秘的な光景は、龍の涙のように見えることから青の涙とも言われております。なぜこの現象が発生するのかは、プランクトンが発光しているなどの諸説がありますが、実は判明しておらず謎に包まれています。
馬祖島は台湾本島から離れている分、独特の生活文化、建築、食生活、銘酒などが体感できるエリアで、近年は観光地としても整備が進んでいます。

おすすめスポット

Taiwan The heart of Asia Taiwan tourism bureau