メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

人工知能のソフトが3勝目 トッププロに勝ち越し

 【浦項(ポハン)(韓国南東部)・米村耕一】米グーグル傘下の人工知能(AI)開発ベンチャー企業「ディープマインド」(英国)の囲碁ソフト「アルファ碁」と、韓国のプロ棋士で世界トップ級の実力者、李世乭(イ・セドル)九段との五番勝負第3局が12日、ソウル市内のホテルで打たれた。アルファ碁が176手で中押し勝ちし、李九段が3連敗となって負け越しが決まった。

 開始直後から激しい接近戦が繰り広げられたが、中盤戦でアルファ碁が優勢を確立。李九段は勝負手を放った…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文458文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです