メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲夏場所

稀勢の里、千秋楽に意地見せるか

鶴竜に敗れて優勝を逃し支度部屋で悔しそうな表情を見せる稀勢の里=東京・両国国技館で2016年5月21日、宮間俊樹撮影

 取組後の支度部屋では左すねの痛みをこらえ切れず、「あー」と、うめき声を上げた稀勢の里。両腕をじっと組み、下に目を向け、ほとんど無言を貫いた。またしても賜杯と横綱昇進に手が届かなかった悔しさも入り交じった表情だった。

 大相撲夏場所14日目の21日、白鵬の勝利を見届けた後の結び。立ち合いで踏み込んできた鶴竜に左差しと右上手を許し、外掛けで揺さぶられると、体は後…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです