メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放生会

秋の息吹、軽やかに 福岡・筥崎宮

チャンポンの販売に合わせて境内で音を鳴らすみこたち=福岡市東区で2017年9月12日午前9時13分、津村豊和撮影

 福岡に秋の訪れを告げる筥崎宮(はこざきぐう、福岡市東区)の「放生会(ほうじょうや)」が12日、始まり、境内には名物のガラス細工「チャンポン」を買い求める参拝客らが訪れた。

     チャンポンは息を吹き込むと「チャン、ポン」と軽やかな音が鳴る縁起物。例年、博多人形師らが作る「おはじき」も販売されていたが、前々日から人が並ぶなど人気の過熱を理由に今年から取りやめとなった。

     放生会は博多三大祭りの一つで、今年は2年に1度のみこし行列「御神幸(ごじんこう)」もある。参道には約500の露店が軒を並べ、18日までの期間中、約100万人の人出が見込まれている。【中村敦茂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
    2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]