メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重

魚に自動給餌のAI開発 高専生が世界大会へ

世界大会に出場が決まった河口祭さん(左)と世古口英大さん。服部魁人さんは留学中で不在=鳥羽商船高専で2018年4月24日、林一茂撮影

 鳥羽商船高専(三重県鳥羽市)の学生チームが開発した、養殖魚類に自動給餌を行う人工知能(AI)システム「EFFECT(エフェクト)」が16日に東京都内で開催された学生ITコンテスト「Imagine Cup(イマジンカップ)日本大会」で優秀賞を受賞した。これで7月末に米国シアトル市で開かれる世界大会に出場が決まり、学生たちは「世界大会で優勝できるよう頑張りたい」と張り切っている。

 開発したのは制御情報工学科5年の河口祭(まつり)さん(19)、世古口英大(ひでひろ)さん(21)、…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです