メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動物園のクマも冬眠からお目覚め 和歌山

冬眠から目覚めて、ひなたぼっこをするベニー=和歌山市の和歌山公園動物園で2016年3月25日、高橋祐貴撮影

 和歌山城内にある和歌山公園動物園の人気者で、昨年7月に「園長」に就任したツキノワグマのベニー(雌、推定22歳)が冬眠から覚め、約3カ月ぶりに姿を見せた。

     ベニーは人間ならば約90歳。昨年12月28日、例年より約10日早く冬眠に入り、わらのベッドで2日に一度、軽く食事をとる以外は寝て過ごした。春になって気温も上がってきたことから、この日、屋外との仕切りを開けたところ、目覚めて屋外にゆっくりと出てきた。

     体中にわらをつけ、何度も大あくびをしながら来園者の前に姿を見せたベニーは、飼育員から与えられたタケノコをがぶり。その後は久しぶりの日差しを楽しむように日なたぼっこをしていた。市内から家族と訪れた磯本明凜ちゃん(5)は「タケノコを食べていているところを見られて楽しかった」と笑顔だった。【高橋祐貴】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ワイド特集 オンナとオトコの雛祭り “オリ”の中の「番長」清原和博 「毎晩夜泣き」の真相
    2. NewsNavi 真剣交際の“ハーフ美女”と破綻した「清原被告」の自業自得
    3. 週刊テレビ評 清原被告覚醒剤事件 野球界はキッパリ突き放せ=やくみつる
    4. 清原被告公判 裏腹の小心さ、見え隠れ
    5. 清原被告 懲役2年6月、執行猶予4年 東京地裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]