メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教員給与、能力重視に…17年度導入目指す

 大阪市教委は30日の会議で、年功序列の傾向が強い教員の人事・給与制度を見直し、能力や実績を重視した仕組みを導入する方針を決めた。教諭を二つの階級に分けて待遇に差をつけ、校長や教頭の給与を改善することで、指導力の向上や管理職への昇進意欲を高めるという。2017年度の導入を目指す。

    実現の可能性は不透明

     市教委によると、教員は現在、校長▽教頭▽首席・指導教諭▽教諭▽講師の5階級に分かれており、階級ごとに定めた基本給と勤続年数などで給与が定められている。基本給の上限は、教諭(約42万円)と校長(約47万円)で大きな差がないという。

     これに対し、新制度では、教諭を2級と3級に分けて6階級とし、実績を積んで3級に上がらなければ、給与が頭打ちとなるようにする。また、首席・指導教諭以上の待遇を改善し、教諭との差を広げる方向で検討する。

     大阪市は校長や教頭のなり手が不足しており、昇進意欲を高める狙いもある。ただ、制度を変えるには条例改正が必要なため、実現の可能性は不透明だ。

     文部科学省によると、教諭の給与体系を二つに分けるのは異例。担当者は「同一労働・同一賃金が議論される中で、そういった給与制度が望ましいのかどうか、大阪市に事情を聴いてみたい」としている。【大久保昂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アイドル刺傷 容疑者「ツイッターをブロックされた」
    2. 名古屋市 2副市長を解職 河村市長1人体制に懸念も
    3. アイドル刺傷 母、京都府警に電話…「執拗に嫌がらせ」
    4. アイドル刺傷 警察、位置情報確認せず 被害者110番に
    5. ホンダ 復活、高級スポーツカー「NSX」1号車完成

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]