メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核最終処分場

玄海町内外から懸念 町長に撤回要求

報道陣の質問に答える岸本英雄玄海町長=佐賀県玄海町の町役場で2016年4月27日午前9時42分、石井尚撮影

 九州電力玄海原発が立地する佐賀県玄海町の岸本英雄町長(62)が、原発から出る「高レベル放射性廃棄物」(核のごみ)の最終処分場受け入れに前向きな発言をしたことに27日、町の内外から懸念の声が上がった。

 脱原発派住民らでつくる「玄海原発対策住民会議」=会長・藤浦晧(あきら)町議=のメンバーらは同日午前、町役場を訪れ、発言の撤回を求める要求書を町長に手渡した。要求書は「町長や一部議員だけで決めることは断じて許されない」と指摘した。

 岸本町長は「玄海町が手を挙げることはあり得ない」と答えたが、藤浦町議は「否定をされたが、用心深く動…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです