メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

夏バテ防止 ウナギ求めて専門店に多くの人

土用丑の日にウナギを焼く八ツ目やにしむらの西村卓さん=東京都豊島区で2016年7月30日午前11時52分、北山夏帆撮影

 30日は「土用の丑(うし)の日」。日本列島は西日本から東北地方にかけ広い地域が高気圧に覆われて晴れ、気温が上昇した。昼時には夏バテ防止にと、多くの人がウナギを求めて専門店に足を運んだ。

 東京・巣鴨の「八ツ目や にしむら」では、店員2人が炭火でウナギを次々に焼くと、香ばしい匂いと煙が辺りを包み込んだ。同店で毎年買い求める50代の女性は「これを食べないと夏が始まらない。スタミナをつけて夏を乗りきりたい」と話した。

 気象庁によると、午前11時現在で全国の482観測地点で真夏日(30度以上)となった。関東地方では甲府市31.6度▽静岡市31.2度▽神奈川県海老名市31.8度▽千葉県船橋市31.2度▽東京都心31.1度−−をそれぞれ記録した。【近松仁太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
  4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
  5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです