メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オプジーボ

製薬団体、不満の声…中医協、半額了承

 極めて高額ながん治療薬「オプジーボ」(一般名ニボルマブ)の薬価が、通常の薬価改定時期(2018年度)を待たず、来年2月に50%引き下げられることになった。厚生労働相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)が16日了承した。社会保障費の伸びを抑える狙いで、今後も効能・効果の拡大で大幅に売り上げが伸びる薬が続くと考えられるため、厚労省は18年度の薬価改定に向けて、薬価見直しの新たなルールの検討を始める。

 オプジーボは14年、患者が少ない皮膚がんの一種、悪性黒色腫を対象に100ミリグラム約73万円で発売…

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文714文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです