メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者の社会参加を後押し 宝塚

木村佳友さん(左)らパネリストによる「補助犬トーク」=兵庫県宝塚市で2016年12月11日午後3時5分、大西岳彦撮影

 補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬の3種)について学び、障害者の社会参加を後押ししようと11日、兵庫県宝塚市で「第18回身体障害者補助犬シンポジウム」が開かれた。

     補助犬を巡るさまざまな課題を話し合う「補助犬トーク」では、実際に補助犬と生活する3人の男女が登壇。今年、盲導犬を連れた視覚障害者が駅のホームから転落して死亡した事故を受け、障害を抱えた人たちへの見守りの大切さについて意見を交わすなどした。

     第25回障害者週間記念事業との共同開催で、宝塚市や毎日新聞社、障害者団体でつくる実行委員会の主催。この日は、2004年アテネパラリンピック女子円盤投げの銀メダリストで、介助犬ニコルと暮らす佐藤京子さん(50)=東京都=の講演や、車いすのピアニスト、池田佳ず実さん(39)=兵庫県尼崎市=のコンサートがあった。補助犬が仕事を紹介するデモンストレーションなどもあった。【釣田祐喜】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長時間労働 夫に「早く帰って」4割 収入減ったら…
    2. 人生相談 「学校に行け」が忘れられない=回答者・ヤマザキマリ
    3. 女子高校生 いじめで自殺か…直前にライン送信 北九州
    4. 特集ワイド 加計学園問題 首相は便宜を図った? 「法治」揺るがす「人治」
    5. 留学生長時間労働 「串かつだるま」に罰金刑 大阪簡裁

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]