メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対台湾窓口

名称変更「日本台湾交流協会」に

 【台北・鈴木玲子】日本の対台湾窓口機関「交流協会」は28日、来年1月1日から名称を「日本台湾交流協会」に変更すると発表した。名称を明確化することで、日台関係の強化をアピールする狙いがありそうだ。

     協会は1972年の日台断交に伴い、日台間の実務関係維持のため設立。事実上、日本大使館の機能を担ってきたが、「一つの中国」原則を掲げる中国への配慮から名称に国名を入れてこなかった。

     台湾外交部(外務省)は「台日関係が正しい方向に発展していることを裏付けている」と歓迎。中国外務省の華春瑩・副報道局長は28日の定例会見で「日本は誤ったメッセージを出したり、中日関係に新たな障害を作りだしたりしてはならない」とけん制した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 座間事件 当初、集団自殺疑う声 女子高生2人不明
    2. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
    3. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
    4. NHK誤配信 原因は「担当者が別のニュース速報で誤り」
    5. 落書き 青森・八甲田の樹氷にスプレーで

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]