メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

28歳の東氏が初当選…全国最年少市長に

当選が決まり笑顔を見せる東修平さん=大阪府四條畷市で2017年1月15日午後10時32分、大西岳彦撮影

 大阪府四條畷市長選は15日投開票され、新人で元外務省職員の東修平氏(28)が現職の土井一憲氏(61)を破り初当選した。北海道夕張市の鈴木直道市長(35)を抜き、全国最年少市長が誕生した。投票率は42.18%。

 過去の最年少当選は1994年の東京都武蔵村山市長選の27歳。

 確定得票数次の通り。

当10659 東  修平<1>無新

  8407 土井 一憲(1)無現

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴力団 金も人もなく節約しかねぇ 組事務所「シェア」増加
  2. 名古屋・在日朝鮮人系信組 放火未遂容疑で65歳男を逮捕
  3. 北海道新聞社 残業代未払い 是正勧告受けて支給 
  4. 退位 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
  5. 毎日フォーラム・牧太郎の信じよう!復活ニッポン 「ヤクザ冬の時代」の山口組分裂

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]