メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

28歳の東氏が初当選…全国最年少市長に

当選が決まり笑顔を見せる東修平さん=大阪府四條畷市で2017年1月15日午後10時32分、大西岳彦撮影

 大阪府四條畷市長選は15日投開票され、新人で元外務省職員の東修平氏(28)が現職の土井一憲氏(61)を破り初当選した。北海道夕張市の鈴木直道市長(35)を抜き、全国最年少市長が誕生した。投票率は42.18%。

 過去の最年少当選は1994年の東京都武蔵村山市長選の27歳。

 確定得票数次の通り。

当10659 東  修平<1>無新

  8407 土井 一憲(1)無現

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  2. 衆院選 自公で177議席当確 過半数確実な情勢
  3. 衆院選 菊田真紀子氏に当確 金子恵美氏を破る 新潟4区
  4. 衆院選 開票速報 各局が豪華布陣 テレ東「池上無双」今回も
  5. 石川・昆虫館 背筋ぞくぞく…生きたゴキブリ触れます

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]