メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国会召集の日 今年初めての大規模抗議集会

通常国会開会に合わせて開かれた、国会周辺で安保関連法制の廃止と安倍政権の退陣を訴える集会の参加者ら=東京都千代田区で2016年1月4日午後0時20分、後藤由耶撮影

 通常国会が召集された4日、東京・永田町の国会周辺では、安全保障関連法の廃止を求める市民らの大規模な抗議集会が今年初めて行われた。市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の主催。

     昨年9月の安保法成立から3カ月以上になるが、この日も集会が進むにつれて参加者が増え、議員会館前の歩道を埋め尽くすほどの人だかりができた。参加者たちはプラカードや横断幕を掲げ、国会に向かって「戦争法はいますぐ廃止!」「安倍政権の暴走を止めよう!」と声を上げた。

     野党の幹部らもマイクを握り、共産の山下芳生書記局長は「国家の暴走で、個人の尊厳を踏みつぶす政治だ。真剣に誠実に国会論戦と野党共闘を努力する」、社民の福島瑞穂副党首は「戦争法を廃止するための国会にしていこう。戦争法を作動させないための闘いもやっていきましょう」と訴えた。

     民主の福山哲郎幹事長代理は「安倍政権は国民の声を聞かない、何でも問答無用に切って捨てる。安倍政権の姿勢を正していくために、さらなる市民の輪を広げていただければ」と声を張り上げた。【樋岡徹也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS AKB48島田晴香、9月に卒業&芸能界引退へ プロレス転身は否定
    2. 堺・南海高野線 踏切の80歳女性 女性会社員2人が救助
    3. 川崎踏切事故 横浜銀行員、駅から引き返し救助か
    4. 中川経産政務官 辞任 不倫の事実認め引責
    5. 川崎踏切事故 正義漢「自分だったら…」銀行の同僚ら悼む

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]