メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外

号外の一覧

韓国 朴大統領の弾劾訴追案を可決

【おわび】現在システム不具合のため一部記事が閲覧できなくなっています。復旧までしばらくお待ちください。

空間線量率、異常値なし…規制庁

 原子力規制庁によると、6日午後10時半までに全国に308カ所ある空間線量率を測定するモニタリングポストで異常値は観測されていない。規制庁は北朝鮮の核実験実施を受け、大気中のちりなどに含まれる放射性物質の測定を3カ月ごとから毎日に増やし、モニタリング態勢を強化した。

     また、規制庁は「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム世界版」(WSPEEDI)を使い、北朝鮮の核実験施設付近から放射性物質が毎時1ベクレルで24時間放出され続けたと仮定した計算結果を公表した。

     核実験に関連し、ちり採取を実施する航空自衛隊機の航路を検討する参考情報として試算。7日朝から日本に放射性物質が到達するとの結果が出たが、規制庁は「一般的に地下核実験の場合は放射性物質の大気中への放出は想定されない。実際に異常値が観測されているわけではない」としている。過去3回の実験でも異常値は観測されなかった。【酒造唯、鳥井真平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 冬のボーナス 国家公務員に支給 平均70万4800円
    2. 盗撮容疑 被害者は妻 仮面ライダー俳優が捕まえる 京都
    3. フィギュア 羽生が今季最高でSP首位 GPファイナル
    4. 水戸市議会 控室に盗聴器 議長激しい怒り
    5. 進撃の巨人 テレビアニメ第2期が17年4月スタート

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]