メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

避難訓練のはずが…停電300人一時缶詰め

青函トンネルでの訓練中、竜飛定点(旧竜飛海底駅)出発直後に停電し暗くなった北海道新幹線車内=2016年2月9日午前2時51分、武市公孝撮影
北海道新幹線の青函トンネル異常時訓練で救援列車に負傷者役を運び入れる消防隊員=竜飛定点で2016年2月9日、武市公孝撮影

 3月26日開業の北海道新幹線(新青森−新函館北斗)で、JR北海道は9日未明、青函トンネル内で初めて新幹線車両「H5系」を使った乗客避難訓練を実施した。訓練中に送電の切り替えミスによる停電が発生し、車両が約20分にわたってトンネル内で立ち往生するトラブルがあった。JR北の島田修社長は「これを教訓として足りない部分を補いたい」と陳謝した。

 訓練にはJRや警察、消防の約250人が参加した。新幹線車両が北海道・木古内駅から青森・奥津軽いまべつ駅に向かう際、青函トンネル内で火災検知器が作動したと想定。別の新幹線車両がトンネル内の竜飛定点(旧竜飛海底駅)まで救援に向かい、乗客役の社員が乗り換えた。

 ところが、救援車両が乗客役を乗せて出発した直後、緊急停止し、車内はほぼ真っ暗に。停電は数分後に復旧したが、安全点検のため、車両は約20分間、停止した。車両には約60人の報道関係者を含め、約300人が乗っていたが、けが人はなかった。

 JR北によると、青森方面から入ってきた救援車両が折り返し運転をする際、指令所の社員が送電の切り替えを行わなかったのが原因という。9日朝の在来線の運行に影響はなかった。【遠藤修平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関西空港 従業員2人はしか 他の37人にも症状
  2. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
  3. 麻生氏 「証券会社勤めはやばいやつ」
  4. 三菱自 8車種で燃費訂正 最大8.8%、販売一時中止
  5. 体感治安 大阪最下位 警察庁が初調査、警察信頼度に比例

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]