メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽水族館

ラッコ、2年ぶりに同居

同居を始めたメイ(手前)とロイズ=鳥羽水族館提供

 三重県鳥羽市の鳥羽水族館で13日、ラッコの雌11歳メイと雄10歳ロイズが同居を始めた。2009〜14年に約5年間一緒に暮らしており、2年ぶりによりを戻した格好だ。

     東京・池袋のサンシャイン水族館にいたロイズは、パートナーが死んだため、繁殖を目指し再び鳥羽に“婿入り”。前回は妊娠に至らなかったものの、2頭は懐かしむように抱擁を繰り返した。

     国内の水族館では13年7月以降、ラッコの出産例はない。積極的なロイズに、メイもまんざらでもなさそう。運命的に再会した2頭の愛は本物か。周囲は温かく見守る。【井口慎太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 大砂嵐事故 角界、止まらぬ不祥事 暴行、セクハラに続き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]