メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高級車

倒木で大破 奈良の男性、管理の富山県を提訴

倒れてきたブナの木で大破した「トヨタ2000GT」=原告側弁護士提供

 富山県南砺市内の国道156号で2014年6月、スポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木の直撃を受けて大破し、けがをしたのは県が管理を怠ったためとして、所有者の男性と運転していた男性(いずれも奈良県在住)が県を相手取り、車代や治療費など総額約3900万円の損害賠償を求める訴えを奈良地裁に起こした。同車は全国に約100台しかないクラシックカーという。

 今月7日付の訴状などによると、同年6月8日朝、南砺市菅沼の国道を走行中、山の斜面から倒れてきたブナの大木が直撃。車は大破し、運転していた男性が胸などに軽傷を負った。車は所有者が事故の約3カ月前に3500万円で購入したものだったとしている。

 この国道は県が管理していた。原告側は「事故後、現場周辺で根元に空洞がある木が複数見つかった。木の調査を実施していれば、事故は回避できた」と主張している。

 県道路課は「訴状が届いていないので、コメントできない」としている。【古川宗】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  3. 熊本地震 生活保護打ち切り 376世帯、義援金など理由
  4. 弘前さくらまつり 開幕 花見客、昨年の2倍以上25万人
  5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]