メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

ブラジル代表、家族の夢…日系の歴史と誇り胸に

リオ五輪に向けて練習するチャールズ・チバナ選手(右)=リオデジャネイロで2016年4月18日、三浦博之撮影

チャールズ・チバナ選手…男子柔道66キロ級

 【リオデジャネイロ山本浩資】南米初となるリオデジャネイロ五輪開幕まで100日。開催国のブラジルには、1908年に日本から初めて移民が渡って以来、世界最大となる160万人規模の日系人社会が築かれてきた。男子柔道66キロ級のチャールズ・チバナ選手(26)は日系3世のブラジル人。祖先が切り開いた歴史を胸に刻みながら、メダル獲得を目標に、まずは代表入りを目指す。

 今月18日、リオ市内の海軍施設で柔道ブラジルチームの公開練習があった。白い柔道着に身を包んだチバナ…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  3. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  4. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ
  5. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです