メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リオ五輪

ブラジル代表、家族の夢…日系の歴史と誇り胸に

リオ五輪に向けて練習するチャールズ・チバナ選手(右)=リオデジャネイロで2016年4月18日、三浦博之撮影

チャールズ・チバナ選手…男子柔道66キロ級

 【リオデジャネイロ山本浩資】南米初となるリオデジャネイロ五輪開幕まで100日。開催国のブラジルには、1908年に日本から初めて移民が渡って以来、世界最大となる160万人規模の日系人社会が築かれてきた。男子柔道66キロ級のチャールズ・チバナ選手(26)は日系3世のブラジル人。祖先が切り開いた歴史を胸に刻みながら、メダル獲得を目標に、まずは代表入りを目指す。

 今月18日、リオ市内の海軍施設で柔道ブラジルチームの公開練習があった。白い柔道着に身を包んだチバナ…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文924文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです