メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃校の設備生かし生産好調 輸出も視野 香川

水槽のチョウザメを見る板坂直樹社長=香川県東かがわ市で、岩崎邦宏撮影

 香川県東かがわ市の廃校となった校舎で、淡水魚のチョウザメの養殖が進んでいる。いけすを体育館に置き、加工作業に調理実習室を使うなど、学校設備を生かす。卵を塩漬けにしたキャビアの生産も開始から4年弱で軌道に乗って、ふるさと納税の返礼品として好評を得ており、海外展開も視野に入れる。

 2011年4月に近くの小学校と統合した旧引田中学校の校舎を、卒業生の板坂直樹さん(49)が社長を務める建設会社「大協建工」(高松市)が購入、13年5月に養殖を始めた。

 体育館には水槽13基(水量計約480トン)を並べていけすにし、体長30センチ~3メートルのチョウザメ約3500匹が泳ぐ。理科室は研究所、校長室は応接室と、施設の特性を生かして活用している。

 養殖は本業とは畑違いだが、引田はハマチ養殖発祥の地であり、地元漁師の協力も得た。当初約3000匹だったチョウザメは、徳島と岩手両県にあるいけすも合わせて約1万2000匹に増えた。冬の採卵期には地元の人を雇って作業を進める。

 世界三大珍味の一つのキャビアは今年度、約300キロの生産を見込み、当初の100倍近くまで増えた。都市部のホテルに出荷しており、15年9月の国産キャビアの海外輸出解禁を受け、海外市場も狙う。

 東かがわ市も期待する。14年度からふるさと納税の返礼品の一つにキャビアを選び、15年度には全国から約7100万円の寄付があった。寄付額全体の約3割を占め、市政策課は「予想以上の額で、人口減のため税収が減る自治体にとっては大きい」とする。

 16年の文部科学省の調査によると、02~15年度に全国で6811の小中高校が廃校になった。校舎が残った5943校のうち70・6%が活用されている。ただ多くは公共施設に使われ、大がかりな養殖施設は珍しいという。

 板坂社長は「学校は使い勝手が良かった。ハマチ養殖に加えてキャビアの産地としても引田の名が全国に知られ、古里の活性化につながれば」と話す。【岩崎邦宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  2. 森友学園 不満ぶちまけ籠池節 「私人の喚問異常」 記者会見、厳しい質問かわす
  3. 福岡人志 松本人志の福岡ロケ番組第6弾 太宰府の魅力を再発見
  4. 堺・私立中 「保護者会退会で娘が疎外」父、賠償求め提訴
  5. 森友学園 首相夫人がフェイスブック掲載したコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]