メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー薬物混入

「クリーンな日本」失墜 連盟落胆

 2020年東京五輪の出場を争うカヌーのトップ選手がライバルの飲料に禁止薬物を混入させてドーピング違反に追い込む前代未聞の不祥事が9日、発覚した。日本は過去の五輪でドーピング違反がない「クリーンな国」を旗印に招致を実現したが、記者会見した日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事は「長年積み上げてきたスポーツの美徳を著しく失墜させた」と落胆した。

 「私の至らない点や弱い部分のために……」。連盟の聴取に対して禁止薬物を混入した鈴木康大(福島県協会…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1189文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]