メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カヌー薬物混入

「クリーンな日本」失墜 連盟落胆

 2020年東京五輪の出場を争うカヌーのトップ選手がライバルの飲料に禁止薬物を混入させてドーピング違反に追い込む前代未聞の不祥事が9日、発覚した。日本は過去の五輪でドーピング違反がない「クリーンな国」を旗印に招致を実現したが、記者会見した日本カヌー連盟の古谷利彦専務理事は「長年積み上げてきたスポーツの美徳を著しく失墜させた」と落胆した。

 「私の至らない点や弱い部分のために……」。連盟の聴取に対して禁止薬物を混入した鈴木康大(福島県協会…

この記事は有料記事です。

残り970文字(全文1189文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 新商品 シーチキンとコンビーフが一つに 20日発売
  4. 夏の高校野球 日大三7年ぶりベスト4 下関国際を逆転
  5. 遺品整理 高額な追加料金、勝手に処分 トラブルにご用心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです