メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第10日 世界最大規模の映画見本市も曲がり角か

カンヌ国際映画祭の会場内で開かれた見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」の日本ブース。日本映画の海外での上映を目指してアピールする=フランス・カンヌで2018年5月12日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭も残すところあと3日。公式上映はまだ続きますが、会場内で開かれていた映画の見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」は一足早く、17日に閉幕します。

 「マルシェ・ドゥ・フィルム」はマルシェ(市場)の名の通り、映画の売買をする場です。世界の配給会社、宣伝会社などはここにブースを設け、自国の作品をアピールします。また、海外の作品を買い付けるバイヤーは、ヒットしそうな作品を探し、商談を進めるのです。

 多くの映画祭は、映画の売買をする場でもあるのですが、カンヌのマルシェは世界最大規模で、近年は約1万…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1128文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  3. イカナゴシンコ、3年連続の不漁予測 兵庫
  4. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  5. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです