メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カンヌ映画祭便り

第10日 世界最大規模の映画見本市も曲がり角か

カンヌ国際映画祭の会場内で開かれた見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」の日本ブース。日本映画の海外での上映を目指してアピールする=フランス・カンヌで2018年5月12日、小林祥晃撮影

 カンヌ国際映画祭も残すところあと3日。公式上映はまだ続きますが、会場内で開かれていた映画の見本市「マルシェ・ドゥ・フィルム」は一足早く、17日に閉幕します。

 「マルシェ・ドゥ・フィルム」はマルシェ(市場)の名の通り、映画の売買をする場です。世界の配給会社、宣伝会社などはここにブースを設け、自国の作品をアピールします。また、海外の作品を買い付けるバイヤーは、ヒットしそうな作品を探し、商談を進めるのです。

 多くの映画祭は、映画の売買をする場でもあるのですが、カンヌのマルシェは世界最大規模で、近年は約1万…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1128文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです