メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

格闘技で「三刀流」 29歳レバノン代表

クラッシュ男子90キロ超級に出場したレバノンのナシフ・エリアス(右)=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 【ジャカルタ倉沢仁志】ジャカルタ・アジア大会で格闘技の「三刀流」に挑む猛者がいる。2016年リオデジャネイロ五輪柔道男子81キロ級に出場したナシフ・エリアス(29)=レバノン=はアジア大会で初めて採用されたクラッシュとサンボにもエントリーした。「戦う準備はできている」。意気揚々とジャカルタに乗り込んできた。

     最初の挑戦となった28日のクラッシュ男子90キロ超級の1回戦。クラッシュはウズベキスタンで盛んな競技で、柔道のように胴着をまとうが、決定的な違いは寝技や関節技が無く、投げ技に限定されていることなどだ。

     柔道で一本背負いを得意とするエリアスはモンゴル選手と対戦。開始早々にポイントを奪ったが、徐々に攻め込まれて逆転を許すと、残り1分を切ってから繰り出した強引な足払いを危険な行為の反則と認定され、敗れた。試合後、取材エリアでは悔しさをあらわに左手を挙げてメディアの質問を遮ると、控室へ戻った。

     エリアスはブラジル出身。当初はブラジル代表として柔道に打ち込んでいたが、曽祖父がレバノン人だった縁もあり、13年に国籍を変更した。レバノン選手団の旗手を務めた14年仁川大会(韓国)では柔道男子81キロ級で銀メダルを獲得した。

     エリアスが注目されたのはリオ五輪。柔道男子81キロ級2回戦で立ったまま相手の肘を締め上げる危険行為で反則負けした。判定に納得しないエリアスは激高し、声を荒らげ、礼もせずに畳を去った。1時間後に国際柔道連盟に促されて畳に戻り、礼をしたうえで謝罪したことで落着したものの、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でも批判的に拡散された。激しい気性から「クレイジードッグ(狂犬)」と呼ばれてしまっている。

     31日は柔道男子90キロ級、来月1日はサンボ男子90キロ級に出場予定。サンボは中央アジアなどで広がり、柔道とレスリングを融合させたような競技。旧ソ連の軍隊と警官の護身術として発展したという。エリアスは大会前に自身のフェイスブックで「戦う準備はできた。今大会でレバノンの国旗を再び揚げてみせる」と投稿した。盛り返すチャンスは、まだ2回ある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
    3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
    5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです