メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

禁止してもネットで横行、チケット高額転売

ラグビーW杯日本大会決勝のチケットが出品されている海外の転売サイトの画面。通常の約6倍の高値がついたチケットもある

「イタチごっこ」続きスポーツ議連は罰則付きの法整備目指す

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会は20日で開幕まで1年となるが、観戦チケットをめぐる不正な高額転売がインターネット上で横行している。大会組織委員会は規約で転売を禁じたが、サイト運営者に出品停止を要請しても、別のチケットが出回る「イタチごっこ」が続く。20年東京五輪・パラリンピックでも同様の問題が懸念され、超党派のスポーツ議員連盟は罰則付きの法整備を目指している。

 1月から抽選で先行販売されたチケットは既に60万枚以上を売り上げたが、海外の転売サイトなどに高額で…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1351文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです