メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海保

小笠原の生命つなぐ急患輸送

海上保安庁のガルフV=東京湾で、米田堅持撮影

 海上保安庁の航空機が、小笠原諸島(東京都)の急患輸送の一翼を担っている。急患として運ばれた患者、輸送を担う海保のパイロットや整備士、特殊救難隊員らに現状を聞いた。【米田堅持】

自衛隊と海保連携の急患輸送

 小笠原には空港や飛行場はないが、同諸島の父島には海上自衛隊の基地があり、飛行艇などの航空機による急患輸送も行われている。しかし、自衛隊だけではカバーしきれないこともあり、いったん、より距離の遠い硫黄島に運び、そこから海保の航空機で運ぶこともある。2016年は4件、17年は15件と伸び、今年は8月までに4件の急患輸送を行っており、16年より多くなる可能性が高い。

 海保で同諸島の急患輸送を担うのは、羽田航空基地のジェット機「ガルフV(ファイブ)」。海保の航空機の中では最も大きく最速の機体だ。パイロットの一人である向平義則・上席飛行士は「依頼があると医師を同乗させることになる。通常のフライトと異なるのは、最短ルートよりも、患者に負担がかかったり処置の妨げになったりしないように揺れないルートを選ぶことだ」と語る。整備士も点滴が止まったりしないように機内のエアコンや気圧に気を配り、いつもとは異なる緊張感があるという。

 医師とともに患者のサポートをするのが、テレビドラマ「海猿」で有名になった、海保の潜水士でトップクラスの能力を持つ特殊救難隊だ。通常は羽田航空基地に隣接する羽田特殊救難基地に1隊6人が常駐しており、急患輸送時はその中の2~3人が同乗する。特殊救難隊には救急救命士の資格を持った隊員も1隊に1人おり、同乗することが多いという。桜井秀行隊長は「人命救助という意味で他の任務と変わらない」と話す。

搬送患者からみた急患輸送

 6月に小笠原から救急搬送された歌手のokeiさんは「自分が搬送されて、航空機の必要性を実感した」という。okeiさんは服用していた薬の副作用が原因で白血球の数値が急激に下がったため、滞在していた母島から父島の診療所へ向かった。症状が思わしくないため、本土へ救急搬送されることになり、自衛隊のヘリで硫黄島に向かい、さらに海保のガルフVで羽田へと搬送された。幸い2日の入院で症状は回復し、翌月から歌手としての活動も再開させた。

 okeiさんは小笠原を活動拠点の一つとしており、年に約3カ月ほど滞在している。「小笠原からの急患輸送は半日がかりとなるケースもある。(空港建設など)さまざまな意見もある。島に関わる者の1人として、今の小笠原の良さを壊さない形で何ができるのかを模索していきたいと思う」と、離島の抱える問題のデリケートさを率直に語った。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです