メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

[LINE誤爆]LINEのメッセージ取り消し機能についてまとめてみた!検証画像付きで解説(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

【LINE誤爆】LINEのメッセージ取り消し機能についてまとめてみた!検証画像付きで解説みなさん、こんにちは。
APPTOPIライターのあめです!

今日はLINEの『メッセージ取り消し』について記事を書いていきます。

LINEはリアルタイムでコミュケーションが取れるとっても便利なツールですが、そのテンポの良さゆえに『誤爆』してしまうこともしばしば。

別の人に送るつもりだったメッセージを送ってしまったり…。

文字を間違えてしまったり…。

ケンカして感情が高ぶり、つい不本意な内容を送り付けてしまったり…。

そんな経験、だれしも一度はあるのではないでしょうか。

そこで便利なのがLINEのメッセージ取り消し機能なのですが、この機能、取り消ししたことが相手に通知されてしまう難点が…。

今日はそんなLINEのメッセージ取り消し機能の基本から、注意したい点などまで、検証画像などを絡めながら徹底的に解説していきたいと思います!

iPhoneでLINE絵文字の使い方!LINE絵文字の買い方やプレゼント方法などをご紹介
LINE Keep(キープ)を使えば写真やトークをすぐに保存できる!
【関連記事】
最小厚さは0.4cm! 海外で大人気の「世界一スリムなスマートウォレット」
痴漢の新しい手口!知らない人から卑猥な画像が送られてくる!AirDropを使った手口に気を付けよう。「AirDrop痴漢」の対策方法
インスタ公式にも紹介された「Maplelatte Erica」さん。リアルで可愛い食品サンプルがすごい!
Amazon Goとの違いは? シンガポールで話題の「レジなしスーパー」のディストピア感
「肌に貼る」ウェアラブル機器が開発ラッシュ

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  4. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです