メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀

琵琶湖で氷魚漁解禁 平年並みに回復

初水揚げされ、計量して業者に引き渡される氷魚=大津市の堅田漁港で2018年12月1日午前5時30分、塚原和俊撮影

 アユの稚魚・氷魚(ひうお)漁が1日、琵琶湖で解禁され、6.16トンが初水揚げされた。2年連続の不漁から平年値(6.36トン)並みに回復したが、漁獲が好調な北湖南部に比べ、北湖北部は低調だった。滋賀県内を相次いで襲った台風で、琵琶湖独特の小型定置網「えり」が北部を中心に被害を受けた影響とみられ、県漁連の担当者は「一安心はしたが、漁獲差は残念」と話した。

 冬が漁期の氷魚は体が透き通り、高値で取引されることから「琵琶湖のダイヤモンド」とも称される。釜揚げ…

この記事は有料記事です。

残り617文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  4. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです