メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「否決なら3日以内に新方針を」 英下院、EU離脱で政府に要求

 【ロンドン矢野純一】英下院は9日、欧州連合(EU)からの離脱合意案を巡る審議を再開し、合意案が否決された場合、議会開会日で「3日以内」に新たな方針を提示するよう政府に求める動議を賛成多数で可決した。動議に法的拘束力はないが、規定の「21日以内」から大幅な短縮を求める内容で、メイ首相の「時間稼ぎ」を封じる狙いがある。

 メイ首相は15日に合意案の採決を行う予定で、否決されても規定に従えば2月中旬まで態度を保留できる状…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです