メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ナマズかば焼きに「満足」

近大ナマズのかば焼きを手にした浴衣姿の女性=熊本市中央区の城見通りで2016年7月30日午後4時4分、柿崎誠撮影

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

     近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味はウナギに似てる」と満足そう。

     飛ぶような売れ行きに気を良くした店主は「かば焼き、煮物、天ぷら。ナマズを店の定番メニューにしようかな」。イベントだけでは飽きたらず、商人魂が鎮まることはない。【柿崎誠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    3. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
    4. 台湾 「ダイソー」の輸入資格廃止 貿易法違反、罰金も
    5. 狛江市長 頭下げぬ謝罪会見「セクハラ認識ない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]