メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土用の丑の日

ナマズかば焼きに「満足」

近大ナマズのかば焼きを手にした浴衣姿の女性=熊本市中央区の城見通りで2016年7月30日午後4時4分、柿崎誠撮影

 土用(どよう)の丑(うし)の日の30日、熊本市の祭りでナマズのかば焼きが屋台で売られた。企画した和食店の店主は「ナマズが暴れると地震が起きる。だったら食べて鎮めてやる」。

     近畿大が開発した「ウナギ味のナマズ」を特製たれでこんがり焼いた身はウナギそのもの。女性客(30)も「肉厚でふっくらしていて味はウナギに似てる」と満足そう。

     飛ぶような売れ行きに気を良くした店主は「かば焼き、煮物、天ぷら。ナマズを店の定番メニューにしようかな」。イベントだけでは飽きたらず、商人魂が鎮まることはない。【柿崎誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
    2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
    3. そこが聞きたい 「政治劣化」どう克服? 元官房長官・仙谷由人氏
    4. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
    5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです